FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPodへ音楽の棚卸 index 【お・岡村靖幸】

2011.04.23(Sat)

『Music Shelf』 Comment(0)Trackback(0)


まず先に述べたいのが、
この人の復活を私は待っていない。
私は、何度も同じ罪を繰り返す人を
許すことができない。

それでも彼が作った歌に
いまだに心を踊らされるのは?
その歌たちが、もしか薬づけで
作ったかもしれない歌だったとしても?

歌には罪がないと思っているから。

そう思えば思うほど、
やっぱり作った人間を許せなくなる。

今回の【お・岡村靖幸】のあと、
お一人挟んだ次に登場するのは
尾崎豊なんだけど、
そこでも取り上げられるであろう
尾崎豊のトリビュートの中で、
岡村がカバーしているのが、
あの「太陽の破片」。尾崎が
薬物事件の後、復帰最初の作品である。

プロデューサー須藤氏は、
同じ過ちを犯し、復帰した岡村に
この歌を託した…なのに彼は繰り返した。

岡村と尾崎が友達だったという話は、
よく知られている話。
若くて才能があるという
共通項があったのかもしれないが
音楽的にというか…
大人たちによる作られ方?
が二人は違っていた。

自分は薬物以前の尾崎豊はほとんど聴かず、
(別に比較する話でないが)
ポップな音楽のほうということで、
岡村は好きで聴いていた。

当時は、尾崎を聴くような学生でもなく
岡村の、ある種いやらしいとされる楽曲も
好んで聴いていたわけではない。

二人が描く青春というものに
素直に耳を傾けるようになったのは
もう少し大人になってからのコトである。


ところでいったい自分は、
岡村のこんな“青い”歌たちを
いつまで聴き続けるんだろう。

青春とは、
人生のある時期のことを言うのではない、
と言ったのは誰でしたでしょうか。

あなた(岡村)の言う青春とは何ですか?

こっちは、あなたの言う青春に
ずっと胸を踊らされてきたんだよ。

責任とってよなんて言わないけど、
あなたが人間として、
しっかりと生きていてくれることを
ファンとして祈っています。
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://monooto.blog115.fc2.com/tb.php/588-0b2ed267

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

コータ

Author:コータ
ご覧頂きありがとうございます。

好きなモノと
音楽のコトを書いています。

手帳ネタがメインになってから、
ライフハック的な投稿が
多くなっていますが、
モノでは「吉田カバン」、
音楽では「鈴木祥子」さんのコト
を中心に書きたくてスタート。

あまり先駆けた情報はないですが
マイ・フェイバリットとしての
思いを伝えられたらと。

facebookの「いいね!」のように
良かったなと思われた投稿には
「拍手ボタン」を
押していただけるうれしいです!

▼ Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ フリーエリア
▼ リンク
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR
▼ アクセスカウンタ

pagetop ↑

Copyright © 2018 コータ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。