スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【手帳についての考察】 すぐ書ける~手帳の入力のしやすさ

2010.10.29(Fri)

『手帳のコト』 Comment(0)Trackback(0)
さて、手帳について、

・一覧しやすいか?
・携帯しやすいか?

という点について、書いてみました。
次として、そして最後として、

・入力しやすいか?

について書いてみます。


(手帳の話のはずですが、)
これを書くのに手にしている「ウィルコム03」ですが、
こうやってメールを打つ分には入力しやすいですけど、
いざ、カレンダーにスケジュールを書き込むとなったら
きっと面倒くさいです。

それ以前に、
相手と電話をしながらスケジュール確認しようとしたら
耳にスマートフォンあててるから確認できないとか…。
電話(話)しながらじゃあ、アポの記入もできない。

スマートフォン一台に全ての機能を集約すること自体が不便です。
(だから携帯電話との2台持ちの人が多いのでしょう。)

iPhoneの操作性をみても、その処理速度の速さには驚きです。
ときどきフリーズするとは聞きますけど、
あの、指でスライドさせる操作、あれはほんと凄い。
(コメントがおじさんですが、昔の電子機器の処理速度を知るゆえ。)

がしかし、入力に関わるスピードはどうなのか?
これはさほど昔と変わっていないと思います。

この部分については、人間の思考回路のほうが数段速いです。

入力しているうちに次のこと考えちゃう…
そうしているうちに何書こうとしてたか忘れちゃう…
いやいや冗談ぬきで、人間は絶えず次を考えているのです。

必要なときすぐに、かつ所用時間は短いうちに
書き留めなければならないのです。
(でないとホント!すごい忘れますから…年とった証拠。)

iPad版「超」整理手帳も、この点で無理があるでしょう。
(手帳の開発者野口氏が、この電子版をどう容認したのか???)
音声で入力できるとか、思っただけで入力できるとか
電子機器がそこまで発達すれば話は変わってきますけどね。
まだ、“自分で筆記すること以上に速い入力装置”はないのです。


入力しやすいかどうか?は、
携帯しやすいかどうか?とも関連性があります。
パッと出してパッと書けるようじゃなきゃダメなんです。
(ほんと、年とってから忘却は恐ろしいですからね…)

そんなこんなで、やっぱり手帳だと思うんです。
だから、ここ数年手帳の市場が活性化してるわけです。


さて、一方的にお届けしておりました、手帳の選び方?みたいな。
3回で終わろうと思ってたんですが、一点大事なのを忘れてました。

“だから私は「超」整理手帳なんです!”ってやつを次回おまけで。


--------------------
sent from WILLCOM 03
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://monooto.blog115.fc2.com/tb.php/386-980be099

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

コータ

Author:コータ
ご覧頂きありがとうございます。

好きなモノと
音楽のコトを書いています。

手帳ネタがメインになってから、
ライフハック的な投稿が
多くなっていますが、
モノでは「吉田カバン」、
音楽では「鈴木祥子」さんのコト
を中心に書きたくてスタート。

あまり先駆けた情報はないですが
マイ・フェイバリットとしての
思いを伝えられたらと。

facebookの「いいね!」のように
良かったなと思われた投稿には
「拍手ボタン」を
押していただけるうれしいです!

▼ Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ フリーエリア
▼ リンク
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR
▼ アクセスカウンタ

pagetop ↑

Copyright © 2017 コータ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。