スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリューゲルホルンの買い替え<第二話>

2010.02.14(Sun)

『マイ楽器(トランペット)』 Comment(0)Trackback(0)


モノオト-100203-111703.jpg


話としては、ケノンの中古下取りの話からが

順序になるんですけど、とばしまして・・・。



今回私が購入したのは、下倉楽器 というお店が

オリジナルとして販売している「マルカート」という商品。


まずはラインナップをご覧下さい。

http://www.shimokura-gakki.com/wind_instrument/marcato/flhorn.html



今回私が買ったラッカー仕上げのタイプで、

定価52,000円 → 購入時は特価で41,790円(税込み)

ということで、かなり安い。

以前持ってたケノンは30万はしてたので・・・7分の1。


正直言って、今までの私の考え方からすると、

安かろう悪かろう?というか、

例えば今回の5万円の楽器 → 価格の時点で興味なし。

何でもそうでしょうけど、楽器なんて特に、

安いモノは安く出来てるもんなんですよ。


  そう言っちゃうと高いモノがしっかり出来ているか?

  というと、急に不安にも思っちゃいますが…。


それから、昔だったらラッカー仕上げの楽器も興味なし。

なんだか小学生が使う楽器?みたいな固定概念がね。

今はというと、まぁシルバーの楽器に飽きただけ?

かもしれませんが、“シンプル”と“素っ気無い”の価値観の違い?


シルバーとか、金というのは、最終的に上に施されるもので、

楽器って、本当はいろんな金物で出来ているんです。

そのありのままの姿に近いのが、ラッカー仕上げ。

(ラッカー仕上げも最終的には磨き上げる加工がされてる。)


シルバーのほうが見た目シンプルに見えますけど、

なんとなく素っ気ない、と今の自分には感じちゃってて。

むしろ、ラッカー仕上げの、ありのままに近い姿

のほうがシンプルに見えるのです。


ということで、

はなっから一番安いラッカー仕上げに決めていたのです。


・・・あぁ、長くなりそうなので前編・後編では語りつくせません。

スポンサーサイト
トラックバックURL

http://monooto.blog115.fc2.com/tb.php/152-ee11a420

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

コータ

Author:コータ
ご覧頂きありがとうございます。

好きなモノと
音楽のコトを書いています。

手帳ネタがメインになってから、
ライフハック的な投稿が
多くなっていますが、
モノでは「吉田カバン」、
音楽では「鈴木祥子」さんのコト
を中心に書きたくてスタート。

あまり先駆けた情報はないですが
マイ・フェイバリットとしての
思いを伝えられたらと。

facebookの「いいね!」のように
良かったなと思われた投稿には
「拍手ボタン」を
押していただけるうれしいです!

▼ Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ フリーエリア
▼ リンク
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR
▼ アクセスカウンタ

pagetop ↑

Copyright © 2017 コータ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。