スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【a day ,a song】 BOYS CRIED -あの時からかもしれない-/渡辺美里

2010.01.30(Sat)

『a day , a song』 Comment(0)Trackback(0)
昨日のニュース。

「ライ麦畑でつかまえて」の作者
サリンジャー氏が亡くなったと。

内心、まだ生きてた人だったんだ…と思いつつ
自分も昔読んだなぁ、と思い出したりして。

村上春樹氏による新訳が発売されたのは何年前?
もし今日、本屋に行ってあったら買って読もう。


「ライ麦畑でつかまえて」との出会いは、
渡辺美里の歌詞に出てきたことがきっかけ。


あの「Catcher in the Rye」君の聖書みたいなものだったね


何それ?と思って読んだその本を
読書力の乏しい自分は
読み切るのにかなり苦労した。
読んでるこっちがヘドが出そうだった。

この、BOYS CRIEDがリリースされた頃や、
収録されたアルバム「BREATH」がリリースされた
1987年当時、自分は中学生。

あの頃、尾崎豊もまわりは聞いてたけど、
自分自身、そんなに学校に対して、世間に対して
それほど不満なんてものもなく、
しいていえば、不満を言ってる人に不満?みたいな。
いい子ちゃんだったから。

ライ麦畑も、尾崎豊も、
少し理解でき、大好きになったのはもう少しあとの話。


話は美里。

Boys cried あの時からかもしれない
Like a child すべてを 信じてははいないよ

という、今聴くと、すべてを信じてはいないよ
の言葉が身にしみるというか、
すべてを信じては、結構苦労しましたよ…37才。

今の自分は、
すべてをは信じず、すべてを疑い…
その上で、信じる道を目指す。てところかな。


ライ麦畑で羊を追いかける、
羊が崖(だっけ?)から落ちないように守ってあげる、
僕らの仕事もそんなことなのかな?


--------------------
sent from WILLCOM 03

スポンサーサイト
トラックバックURL

http://monooto.blog115.fc2.com/tb.php/132-a2964ce5

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

コータ

Author:コータ
ご覧頂きありがとうございます。

好きなモノと
音楽のコトを書いています。

手帳ネタがメインになってから、
ライフハック的な投稿が
多くなっていますが、
モノでは「吉田カバン」、
音楽では「鈴木祥子」さんのコト
を中心に書きたくてスタート。

あまり先駆けた情報はないですが
マイ・フェイバリットとしての
思いを伝えられたらと。

facebookの「いいね!」のように
良かったなと思われた投稿には
「拍手ボタン」を
押していただけるうれしいです!

▼ Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ フリーエリア
▼ リンク
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR
▼ アクセスカウンタ

pagetop ↑

Copyright © 2017 コータ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。