スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

Sweet Serenity /鈴木祥子

2013.03.09(Sat)

『鈴木祥子』 Comment(0)Trackback(0)
sweet serenity

Sweet Serenity / 鈴木祥子

先日、鈴木祥子の最新オリジナルアルバム…
5年前のなんですけどね、やっと買いまして。
ファン語っているわりに、
まだ聴いてない音源たくさんあるんですよ。

思えば、これの前作、「鈴木祥子」を買ったのも、
リリースから5年くらい後のコトでしたね。

1988年にデビューした鈴木祥子さんは、
2000年までは、ほぼ1年1枚ペースで
アルバムをリリースされていましたが、
2006年に「鈴木祥子」
2008年にデビュー20周年としての
この「Sweet Serenity」をリリースされていますが
それ以降オリジナルアルバムはありません。

※昨年リリースのクリスマスアルバムは
 含めずにというコトになりますが。

今年、デビュー25周年にあたるわけですが、
ファンの一人としては、アルバムのリリースを
願わずにはいられないわけです。


さて、現状の最新アルバムw
CDは手元にありませんでしたが、
YouTubeでいくつかの曲は愛聴してましたので
まるっきり知らないわけでもありませんでしたが
全曲通して聴いてみるとアルバムとしての
完成度に驚きました。

CD Jounal 鈴木祥子インタビュー(2008年9月11日)


前作が、自分(の名前)そのものを
タイトルにしていますが、内容的にも
作りこんでいないといったら語弊がありますが
“荒削り”な作品だと感じています。
楽曲制作的にも、
自分の考えを貫いた作品だったのではないか?
と思っています。

対して「Sweet Serenity」は、
前作「鈴木祥子」からちょっと前進した祥子さん、
楽曲的にも、客観的な作り込みもあったのでは?
そんなように感じています。

思ったのは、その2作とも
凄い作品だなってコトでした。

なんか、自分の奥様と娘のコトを
しっかり大事にしなきゃなって思ったんですね。
(話ぶっとぶようですけどw)

そして私は思い立ったように、
祥子さんの25周年を盛り上げたい!
そう思ったんです。

そして、my favorite「鈴木祥子の25曲」という
プレイリスト作りに入ったのでしたw

出来次第、ここでまた全曲紹介させていただきますねw




あ、ネット通販で中古買ったんですよw
ケースの傷はそういうコトで。
スポンサーサイト

pagetop ↑

胸のなかの天使。

2012.12.19(Wed)

『鈴木祥子』 Comment(2)Trackback(0)


このところ、家にいたら
音楽をよく聴くようになってて、
お部屋の環境が
整ってきたからだと思ってますが
やっぱりいいもんですね。

で。
もっぱら聴き漁っているのが鈴木祥子さん。

今月、クリスマスアルバムをリリース。
「MERRY CHRISTMAS
from BEARFOREST RECORDS」といいます。

アナログ録音だったり、
一般流通してなかったり、
独自路線な鈴木祥子さんであります。

久しぶりに彼女の新作を購入したのもあり
旧作も聴き漁っているというわけです。


それと、今年もSNSを通して
素敵な出会いがいくつかあったのですが
とてつもなく“鈴木祥子マニア”な方との
出会いがありまして、
ツイッターを通しての交流や、
とにかくいろんなコトを教えてもらって、

日常のなかで、
音楽を聴くという行為も減ってましたが、
アーティスト自体を掘り下げるというのも
もうずっとしていなくてですね。

ツイッターを通して、どんどん
昔のような音楽の聴き方に戻れていることが
今とてもうれしいんですね。


鈴木祥子のアルバムに
「Candy Apple Red」というのがあって
その先行シングルでもあった
「Angel」という歌がありまして。

歌詞なんですけど、


 なにがなんだかわからない
 もうあたし大人なのよね
 いろんな人の立場とか
 見えちゃうから 自分がみえない
 人の期待にこたえて動いてなくちゃ
 不安になる 誰から見てもいい人は
 ねぇ いないの いないのに

 大好きなものはなんだっけ
 大好きな人は誰だっけ
 感じたまま生きて大丈夫なのよ
 きっと 胸のなか天使がひとりいる限り

 悪いことをしでかして
 迷惑をかけたくはない
 最小限のきまりは神様じゃなくて
 自分が決めたい
 なんでただ都合のいいあたしじゃ
 なくちゃいけないの?
 ウソを信じるフリなんて
 もうできない できないの

 大好きな歌はなんだっけ
 大好きな服はどれだっけ
 たまにはテーブルを
 引っくり返してみよう
 胸のなかの天使がそう決めたから

 孤独よりも しあわせよりも強く
 恋よりも自由に!
 大好きなものはなんだっけ
 大好きな人は誰だっけ
 たまにはテーブルを
 引っくり返してみよう
 大好きな歌はなんだっけ
 大好きな服はどれだっけ
 感じたまま生きて大丈夫なのよ


というね。

この作品の頃、その以前、
祥子さんはプロの道からの引退を
随分真剣に考えていたそうで。
ちょうど音楽性も変わった頃で。

変わったというか、
やりたい音楽をやるようになったというか。
こういう話はよく聴きますけどね。


第一線で活躍する方々も、
かならずしも納得した道を
歩んでいるわけじゃない。


仕事をしていて、なかなか
思い通りに出来ないコトばかりだけれど、
その都度その都度で、
諦めちゃっている自分がいるなって、
ここ数年というか、
年々そうなっている自分を感じていて、
なんかそれによって自分らしさとか
わかんなくなっちゃってて。

なんか年(歳)も年で、随分大人に
なっちゃったところもあったりするんだけど

もうちょっと思い切っていきたい!
自分の中で曲げたくない!

まだまだ
人生これから大変なコト多いと思うけど、
メンタル的に弱っているのを

ここで底打ちしたい!


40になる目前の、そんな境地ですw

pagetop ↑

鈴木祥子 at 庄内

2012.06.03(Sun)

『鈴木祥子』 Comment(0)Trackback(0)
鈴木祥子日本海

この写真は鈴木祥子さんが撮った日本海。


http://www.bearforestrecords.com/skeches/index.html

このリンクはいずれはずれると思いますので
後日にご覧になる方は、#046-2012.06.02を
ご覧下さい。


というコトで、
いつの2日間かわかりませんが
天気も良かったここ数日に、
鈴木祥子さんが鶴岡・酒田にいらしたとは…
うれしくもあり、
会えなかったことが悔やまれます。
(だって会えたかもしれない!w)


羽越線にゆられ、
藤沢周平の世界にふれ、
孟宗汁を食べたというのだから、
存分に庄内を感じてくれたに違いない。

うれしいなぁ…
また来てくれないかなぁ…
ライブで来てくれないかなぁ…


今日はこのコトだけは書いてから寝る。
今日は彼女の唄を聴きながら寝る。

pagetop ↑

鈴木祥子/鈴木祥子

2011.10.28(Fri)

『鈴木祥子』 Comment(0)Trackback(0)


はじめてのiTunesでのお買い物は
もちろん「鈴木祥子」です。

最も愛するミュージシャンと言いながら
最近のアルバムは買ってなくてですね。
最近といってもリリース自体頻繁でもなく。

この、実名をタイトルにつけた
アルバム「鈴木祥子」(2006年作)から、
買ってなかったんですけど、
名前のとおり、
これは彼女を代表する一作ですね。

本作に納められている「忘却」は、
のちのベスト版に収録されていて、
(それは購入しておりまして)
大好きな「忘却」一曲を通して、
このアルバム「鈴木祥子」を
イメージしていたんですね。

まるでライブを聴いているような…
なんとも“生々しい”作品です。

これは多分カバーだろうなと思った、「Frederic」なんてサイコーです。
(パティ・スミスでしたね)

うんうん、やっぱりライブ感ですね。


そんなコトで、
全曲ダウンロードじゃなくて
「CDも買いたい」となったわけです。

pagetop ↑

【鈴木祥子】 River's End

2009.07.05(Sun)

『鈴木祥子』 Comment(0)Trackback(0)

別に順番を付けたい訳でもなく、

その必要も何もないのですが、

今一番好きな鈴木祥子の歌は「忘却」だとしたうえで、

それ以前にというか、その次にというか。

大好きな歌で、「River's End」というのがあって、

彼女自身の生まれ育った場所、

そこに住んでいた頃のことを歌っているらしい、歌があります。


「Candy Apple Red」というアルバムに収録されており、

ライブ版「I was there, I'm here」では、

ピアノでの弾き語りと、この歌に関するMCを聞くことができます。


「Candy Apple Red」のバンド演奏によるバージョンも好きですが、

多分この歌が持っている本人の背景というか・・・

それを表現しているのは、ライブ版の弾き語りのほうに思えて、

このところは、ピアノのほうのをよく聴いています。


この歌の歌詞に出てくる

「誰よりも信じてる遠い人」というのが誰のことなのか?

どうしても気になっていて、そして“この人”が

彼女の他の歌にも登場しているように思えてなりません。



今週25日より、

都内「渋谷UPLINK X」にて彼女の映画が上映されます。

この映画を見れば、「誰よりも信じてる遠い人」が誰なのかがわかる?

と勝手に思っては、ぜひ見に行ければと、出張の日程を気にしつつ。

http://www.syokosuzuki.sakura.ne.jp/RomancesSansParoles/index.html

pagetop ↑

▼ プロフィール

コータ

Author:コータ
ご覧頂きありがとうございます。

好きなモノと
音楽のコトを書いています。

手帳ネタがメインになってから、
ライフハック的な投稿が
多くなっていますが、
モノでは「吉田カバン」、
音楽では「鈴木祥子」さんのコト
を中心に書きたくてスタート。

あまり先駆けた情報はないですが
マイ・フェイバリットとしての
思いを伝えられたらと。

facebookの「いいね!」のように
良かったなと思われた投稿には
「拍手ボタン」を
押していただけるうれしいです!

▼ Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ フリーエリア
▼ リンク
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR
▼ アクセスカウンタ

pagetop ↑

Copyright © 2017 コータ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。